2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.14 (Sat)

バリ旅行記5

バリ旅行記の続きです☆
3日目(1月24日)のホテル到着後からの様子をカキカキします♪

前日までの記事はこちら参照で→【旅行記1】 【旅行記2】 【旅行記3】 【旅行記4】





せっかくの8時間チャーターなので、夕方6時迄はフルに使わないと損!
ってことで、荷物を置いてひと段落したら車に戻ることに。

戻った車の中ではドライバーさんがお昼寝中でした(笑)

ちょうどプラプラしたかったし、ちょっとお散歩しますかー!
ホテル周辺を散策することにしましたよ☆

この時もザーザー降りでは無いものの、雨が降り続いていました。


ホテル敷地内にある手織り機?
20090124m-1.jpg
宿泊したホテルの表側にはバティック製品のショップがあります。
ショップの裏側では手織り布を織っている女性がいました♪


ホテルのあるハノマン通り☆
20090124m-2.jpg
田舎町らしく道幅が狭い感じの道。
この通りを北に上って行くとウブド中心部へ行けるのです。


歩いて3分で牛さんに遭遇☆
20090124m-3.jpg
やっぱりウブド!田舎で(・∀・)イイネ!!


そしてものの5分で田んぼです☆
20090124m-4.jpg
素敵過ぎる(*´д`*)ハァハァ

実はここ、凄く人気があるホテルの敷地内なんです♪

ちょっと覗いてみたくて来たのですが
なんと!スタッフの方が空いているお部屋があるから案内してくれると!!!
。:+.゜ヽ(*′ω`)ノ゙。:+.゜ヤッター


こんな感じの細い道を歩いて進みます☆
20090124m-6.jpg

田んぼの間にある道を抜けると見えて来ました!!
20090124m-5.jpg
バリフリークは必ず知っているというトゥガル・サリ
ウブドで超人気のアコモデーションです♪
スタッフのホスピタリティにも定評があるんですよ♪

そして!稼働率96%以上だとかΣヾ(・ω・´;)ノ


お部屋はこんな感じでした☆
20090124m-7.jpg
ベッドしか写ってませんが、全体の感じはもっと素敵。(私の撮り方が絶対悪いw)
バスルームからも外の景色が見えて素敵でした。

たまたまこの1室だけ空いていて(お客さんのチェックイン前だった)
この日も21室あるお部屋全てが満室なんだとか。


その理由は、、、
20090124m-8a.jpg 20090124m-8b.jpg
お部屋から望める田園風景が一番の魅力なんだと思います(*´ω`*)ノ

私達の泊まったホテルは、周りを見渡しても木しか無いもんでw
こんな感じのホテルだったら長期滞在したいですね♪



ホテルに戻って車に乗り、お出掛けです☆
ドライバーさん起きてて良かったw


これもウブドに来たら見に行ってみたかった場所。
中心部から車で15分くらいのところにある、とある場所☆
20090124m-9.jpg
車を降りるともの凄い勢いで、物売りの人達がごっそり寄って来ます( ´△`)
おばちゃんもおじちゃんも子供までもが、、、

買う気が無い時は目を合わせない!話を聞かない!これ鉄則。
しかもエロイ格好したねーちゃんの木彫り灰皿とかいらないしwww


ライステラスで有名なテガラランです☆
20090124m-10.jpg
ライステラスの見事さはバリ屈指。


こちら大きく撮った写真☆
20090124m-11.jpg
凄い(´;ω;`)

20090124m-12.jpg
凄過ぎる(´;ω;`)

20090124m-13.jpg
感動だよぉぉぉぉ~(´;ω;`)
それしか言葉にならないほど、見事な棚田が広がっていました。

残念なことに田植え前だった為、一面が緑色!って景色ではありませんでしたが
それでも吸い込まれちゃいそうになる位、雄大な景色なんですよ♪
ウブドに行った時は是非!1度見てみて欲しいところです。


作業をしている村の人☆
20090124m-14a.jpg 20090124m-14b.jpg
当たり前ですが全て手作業です。機械なんて入らないもんね(´~`*)

因みにバリのお米作りは三毛作らしいです。
あっちの田んぼでは稲刈りをしているのに、こっちでは田植えをしている、、、
なんて普通に見られる風景なんだそう。
稲の穂の高さも田んぼによってまちまちなのです。


田んぼにすっかり癒された後は、お寺に行きます!
タタタタッッ≡≡≡ヾ(★′З`)ノ

ウブドからは車で30分くらい。タンパシリンという町にある
聖なる泉があるお寺。ティルタ・エンプル☆
20090124m-15.jpg
カメラ目線のおっさんがギャグのようです(ノ∀`)

このお寺はタンパシリンの北の外れにあります。
毎年4番目の満月にあたる夜、タンパシリン近郊のマヌカヤ村から
1千年以上もの間祀られている聖なる石碑を、泉に持ち込んで洗う習慣があるのだそうです。


お寺の様子☆
20090124m-16a.jpg 20090124m-16b.jpg

20090124m-17a.jpg 20090124m-17b.jpg

20090124m-18a.jpg 20090124m-18b.jpg
結構雨が強かったので、画像も真っ白ですみません┏○


聖なる泉の水を引いた沐浴場があります☆
20090124m-19.jpg
かなり寒そうですが、、、

20090124m-20a.jpg 20090124m-20b.jpg
たくさんの人々が沐浴に訪れて来ていました。

他の人がバシバシ写真を撮っていたので私も思わず撮ってしまいましたが
観光客が沐浴中の人を無神経に写真に撮ったことがキッカケで
祭礼や満月・新月の日以外は無人の沐浴場(沐浴禁止)になってしまったそう。


沐浴場の近くからお寺の中に入り、、、
20090124m-22.jpg

20090124m-23a.jpg 20090124m-23b.jpg
神殿のところに向かいます。

お寺は神聖な場所です。
短パン・ミニスカートの人は入り口でサルンを借り、全員スレダン(腰帯)を巻いて入ります。
旅行者でも行く前にシャワーを浴び、身を清めてから訪れた方が良いらしいです。

それから立ち入り厳禁な人の一例↓
生理中や怪我などで出血している人。出産後42日以内の人。
近親者が亡くなって12日以内の人。飲酒している人。(これ私ヤバイ?w)


現地のバリ人の正装☆
20090124m-24.jpg
それにしてもバリ人は頭の上に物を載せて歩くのが上手!!
バランス感覚が優れまくってるんでしょうねー。


お祈りをしている人々☆
20090124m-25.jpg

20090124m-26.jpg
雨の降る中、地面に跪き真剣にお祈りをしている現地の人達。

僧侶より高い位置に立つのはタブーなんだそうです。
なので後ろからこっそり見学(@´ -`)ソット。
旅行者はお祈りをしている人の邪魔にならないようにしないといけないですね。


このお寺の一番のメイン!聖なる泉の画像☆
20090124m-21.jpg
ガイドさん無し&ガイドブック無しで行ったもんで、、、
聖なる泉の場所を知らずに通り過ぎて帰って来た模様|||||(´ω`;)|||||ガ---ン

一番のメインを外すとは、、、てか4人で行ったんだから誰か気付けよ!(人のせいw
いいもんいいもん(´;ω;`)また来るからいいもん(´;ω;`)

因みに↑は、、、敷地内の人工池で、子供が鯉と戯れてる画像♪
聖なる泉とは全く関係無かった(_△_)ノ彡☆アハハ


お寺の外のお土産屋さん☆
20090124m-27a.jpg 20090124m-27b.jpg
店員さん皆「100円~♪100円~♪」って声を掛けて来るのですが、、、
100円という日本語しか知らないのかな?w
それともバリの100円ショップ?w



この後はウブド中心部に戻って散策しますよ♪
旅行記6に続く☆
スポンサーサイト

テーマ : バリ島 ジャンル : 旅行

09:00  |  インドネシア。  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://m8travel.blog7.fc2.com/tb.php/98-0639f017

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。