2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.12.11 (Thu)

バンコク旅行記4(ワットプラケオ&王宮+カオサン通り編)

バンコク旅行2日目(11月26日)の続きです♪
前日までの記事はこちら参照で→【バンコク1】 【バンコク2】 【バンコク3】


ワットポーで大きな寝釈迦を見た後は。。。
王宮に向かいますミc(・ω・´*)つ彡・ 。・゚・
20081126-35.jpg
この白い外壁に沿って歩いて行けるのです♪


街中で良く見掛ける不思議な乗り物☆
20081126-36.jpg
タイにはあって日本には無い「トゥクトゥク」というタクシーです。
派手なカラーリングの3輪のバイクで、後ろに人が乗ることが出来、料金は交渉制。

せっかくタイに来たから1度乗ってみたかったんだよね・゚:*(人´ω`*)
で、交渉してみることにしました♪

「王宮に行きたい!」と告げると、トゥクトゥクのおっさんは
「王宮はまだ開園していないから他の場所に連れて行く」と言います(´-ω-`)

これに騙されてはいけませんよー!
王宮やワットポー周辺には、観光客目当てのトゥクトゥクが多く集まっています。
「今日は王宮は休み」とか適当なことを言って、市内観光に誘うという
悪質なドライバーが多いのです( ´△`)

「休みでも時間外でも何でもいいから王宮に連れてってくれ!」と交渉しましたが
乗せてはくれませんでした(沈

仕方が無いので歩きますか(ノД`)←やや疲れ気味。
20081126-37.jpg
カラフルな色をした車はタイのタクシーです。
(この写真だとピンクとオレンジ、ブルーの車。)

タイのタクシーも以前は交渉制の車があったようですが、現在は消滅寸前。
街を走っている殆どのタクシーはメータータクシーです。
初乗り2kmまで35B(95円弱くらい)なのでとても安い♪


やっと見えて来たよぉヽ(〃▽〃 )ノ
20081126-38.jpg
写真で見えるのはタイで最も格式の高い王宮寺院のワットプラケオ。
ここ、王宮&ワットプラケオはタイ現地の参拝者や外国人観光客が毎日途切れなく訪れます。

王室関係の施設なので、タイで「だらしない」「はしたない」と考えられる
肌や体の線を露出するような服装、サンダルはNGです。

料金は300B(約810円)と、他のお寺に比べるとやや高めです。


では、入ってみましょー☆
20081126-39a.jpg 20081126-39b.jpg 20081126-39c.jpg
写真右側、回廊の入り口に建っているヤックとモック。魔除けの役割りです。


入り口を入るとルーシィの像が☆
20081126-40.jpg
入り口のゲートをくぐると本堂の裏側に出ます。
そこで一番初めに目にするのが、右膝を立てて座っているルーシィの像です。
何だか偉そうな態度の像ですが、霊験あらたかな薬物を調合するとされている仙人です♪

ルーシィ像の後ろに見える建物が本堂なのですが
こちらの本堂の中には翡翠(ひすい)で作られたエメラルド仏が祭られています。
その為、別名エメラルド寺院と呼ばれています♪

本堂の外壁は金箔や色ガラスのモザイクで装飾されていてきらびやか☆
内装も釈迦の生涯を描いた壁画があったり!
モチロン、エメラルド色をした美しいエメラルド仏も必見らしい。。。

( ´△`) <地図の見方が悪くて入り口をスルーしちゃってさ、見れなかったんだよ←バカ
本堂の中は必見らしいので皆さんは見はぐらないようにw


ワットプラケオ内その他の様子☆(クリックでやや大きくなります。)
20081126-41a.jpg 20081126-42b.jpg 20081126-42c.jpg
<写真左>
プラシーラタナチェディというスリランカ様式の仏塔。
(ラマ4世時代建造。金色に装飾されたのはラマ5世時代。)
来たら絶対分かる!って位、ひときわまばゆく光っております。
内部には仏舎利(釈迦の遺骨)が納められているそう。

<写真中央>
ヤックとモックが台座を支えている様子。
この写真の塔はプラスワナチェディという金色の塔。
ラマ1世が自分の両親に捧げる為に建てたと伝えられています。
最近の修復で金色がより美しくなったそうな♪
将来は寺院内全部が金色になるんじゃないか?と思う位、キンキラキン多かったですw

<写真右>
ワットプラケオにもありました♪陶器片の装飾!
王宮寺院だけに大理石やら金箔、ステンドガラスが使われた豪華な装飾が
とても多かったのですが、私は陶器の装飾のがかわいくて好きだぁ♡


こちらの寺院にも多くの参拝者がいました☆
20081126-43a.jpg 20081126-43b.jpg
皆さんタンブンをしながら徳を積んでるんですねぇ。
他の寺院に比べ、とても多くの参拝者がいたので驚きました。
さすが王宮寺院!!!


王宮に向かいまーす((((((((⊂( ・ω・)⊃
ワットプラケオと王宮は同じ敷地内になるのでとても近いのです。

チャックリー宮殿に到着☆
20081126-44a.jpg 20081126-44b.jpg
いかにも王宮!っていう感じのかなり豪華な建物ですΣ(゚∀゚;)

こちらの王宮はラマ5世が建設を命じ、イタリア人建築家が設計したもの。
屋根部分は伝統的なタイ様式ですが、その下はビクトリア様式。
見事に西洋と東洋が融合した造りになっています♪

全体図はこちら☆
20081126-45.jpg
豪華過ぎて羨ましいですね(ノ∀`)

王宮はその名の通り国王の住まいなのですが
実際ここに住んでいた国王はラマ8世までだそうです。
現国王(9世のプミポン国王)はドゥシット地区のチットランダ宮殿にお住まいだとか。
こちらの王宮、現在はもっぱら儀式や祭典の場、迎賓館として利用されています。

この王宮も凄く豪華だから、プミポン国王はさぞ華やかな宮殿に住んでるんだろぉな(@´ -`)


ここで少し、現国王についてのお話☆
世界でもよく知られていますが、タイ国民は国王と王家を深く敬愛しています。
街中でもレストランでも、あちこちに国王や王族の写真や肖像画が飾られていて
タイ国民の99%の家では、自宅内にも王様の写真を飾ってあるらしい。。。

特に現プミポン国王は長きに渡って国内の安定を実現させるなどの実績が多く
政治的手腕が高く評価されている為、国民から父親のように慕われているのです。

最近の話では。。。
カンボジアで発生した反タイ暴動に呼応してバンコクのカンボジア大使館に集まった人々を
「冷静に対処せよ」の一言で解散させてしまったそうですよΣ(´д`;*)
凄いね、プミポン国王!!!
空港を占拠しているデモ隊にも、ひとことお願いしたい。。。


話が逸れましたが~
王宮の隣りにあるもう1つの宮殿☆
20081126-46a.jpg 20081126-46b.jpg 20081126-46c.jpg
こちらはドゥシット宮殿です♪
上空から見るとタイ伝統の十字架の形をしているというこの建物
ラマ1世時代に建てられたモノだそうです。
7層に重ねられている屋根が、他に類を見ない形で必見とのことですが。。。
屋根部分、写真に入って無いね|||||(´ω`;)|||||ガ---ン

現地の学生がうじゃうじゃ見学に来ていたり。。。
ちょうど衛兵さんの交代式があったりでそちらばかり見ていました私(ノД`)

こちらのドゥシット宮殿では、王族の葬儀などの行事が執り行われているそうです。


ワットプラケオ&王宮は敷地がとても広くて見どころもいっぱいあるので
お時間には余裕を持って行くことをオススメしますd(´▽`*)

アンコールワットを再現した模型とか。。。
回廊に描かれた壁画とか。。。
博物館もあったりとか。。。とっても色々あるんですよ!!
私、結構見どころ外しまくってるので参考にならなくてすみません・:∵(;´∀`A冷汗il||li


王宮からはカオサン通りに向かいます☆
カオサン通りはバックパッカーの聖地と呼ばれています。
東南アジア随一の安宿街としてとても有名です♪

なーんか、そういう怪しいところって私好きなので(●´艸`)<私と同じかほり♡

途中で見付けた激安のサングラス☆
20081126-47.jpg
40Bって日本円で100円ちょいですよ!安っ!!!

思わず買ってしましました・゚:*(人´ω`*)
注)偽ブランド品の購入はしないで下さいねw
  空港の税関で没収されるばかりではなく、損害賠償請求を受けることもあります。

カオサン通りの近くに売られている商品や土産物はかなり安いです。
市内のお土産屋さんと同じモノを扱っているのに安くのはですね~
節約派の旅行客ばかりを相手にしているので高値で売れない為です。

実際比べるとホントに安いので
後からサングラス10個くらい買っておけば良かった( ´△`) と後悔したくらいだもの。。。
注)偽ブランドの購入は厳禁なのですw


こちらカオサン通り☆
20081126-48.jpg
むっはー(;´Д`)ホントに怪しい雰囲気で萌える~。

バンコク随一の多国籍エリア。どこでも英語が通じるようです♪
泊まらないにしても一度は行ってみて下さい!結構オススメです(o ̄∇ ̄)/
お土産モノは値引き交渉もOKですよ。


露店で売られているフルーツ☆
20081126-49a.jpg 20081126-49b.jpg
日本には無い珍しいフルーツもたくさん売られています♪

南の国って1年中フルーツがいっぱいで(・∀・)イイネ!!



午後からはホテルに帰ってのんびりしますよぉヾ(@´▽`@)ノ

旅行記5に続く☆
スポンサーサイト

テーマ : タイ ジャンル : 旅行

09:00  |  タイ。  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://m8travel.blog7.fc2.com/tb.php/82-f96b8b4f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。